IZ*ONE、『BLOOM*IZ』新紀錄達成的理由除了幸福為導向的作品外還有成員之間的凝聚力

Form:
Real Sound-https://realsound.jp/2020/02/post-509803.html

IZ*ONE、『BLOOM*IZ』はグループを“福”に導く作品に 新記録達成の理由はメンバーの結束力にも

IZ*ONE、『BLOOM*IZ』新紀錄達成的理由除了幸福為導向的作品外還有成員之間的凝聚力

やはりと言うべきか、当然と言うべきか。グローバルアイドルグループ・IZ*ONE(アイズワン)の待望の1stフルアルバム『BLOOM*IZ』がリリースされるやいなや、大きな反響を呼んでいる。

應該這樣說嗎?當然應該這樣說。全球性的偶像團體IZ*ONE期待已久的第一張專輯『BLOOM*IZ』終於發行,引起非常大的反響。

IZ*ONE『BLOOM*IZ』

 発売初日に売れたのは約184,000枚(HANTEOチャート集計)。この数字だけ見るとピンとこないかもしれないが、それまでのK-POPガールズグループの作品で発売後1週目の売り上げトップは、TWICEの『Feel Special』で約154,000枚(同上)だったと言えば驚くに違いない。つまりIZ*ONEはたった1日でこの記録を破ったのだ。

 販售第一天就賣出大約184,000張(根據HANTEO統計)。這是個讓人無法置信的數字,在這之前K-POP女子團體的作品在販賣一周後,銷量最好的是TWICE賣出154,000張的『Feel Special』,所以說這真的是很驚人的一件事情沒有錯。而且IZ*ONE在第一天就打破了這個紀錄。

 快進撃はまだまだ続く。『BLOOM*IZ』は発売2日目にデビューミニアルバム『COLOR*IZ』の総販売量を抜いてしまう。本稿を執筆している2月22日時点では前作『HEART*IZ』の総販売量を抜いていないが、それも時間の問題だろう。

 然而這成功還在持續當中。『BLOOM*IZ』販賣第二天就超越了出道迷你專輯『COLOR*IZ』的總銷量。而在寫這篇的2月22日的時間點,雖然還沒有超越上一張『HEART*IZ』的總銷量,但這只是時間問題而已吧。

 配信も好調だ。韓国の主要音楽サイトのチャートではリードトラックの「FIESTA」が1位もしくは2位にランクインしている。海外の反応も良く、iTunesのアルバムチャートでは日本をはじめアメリカや香港など多くの国と地域で1位を獲得した。

 音源也表現得不錯。韓國的主要音樂網站方面顯示「FIESTA」不是位於第一就是第二。海外也大獲好評、iTunes不只日本,就連美國或是香港之類的很多的國家或地區都位於第一。

 これほどまでにヒットしたのは、約3カ月の活動休止でWIZ*ONE(IZ*ONEのファンの総称)の渇望感が最高潮に達したからこそ。それを否定する人はいないはずだ。だがしかし、ようやく届けられた新作を聴いてみると収録曲のクオリティの高さもかなり貢献したのではないかと思えてくる。

 造成這樣成績的原因,與因為有大約三個月的時間停止活動造就渴望感達到最高峰的WIZ*ONE(IZ*ONE粉絲的稱呼)有關。這是沒有人可以否認的。但是,終於出現的新作品裡面高品質的收錄曲,應該也是做出了很大的貢獻。

 アルバムタイトルの“BLOOM*IZ”は、PR用の資料によると“花を咲かせる”という意味を持つ“BLOOM”とIZ*ONEの合成語で、美しさの絶頂にいる彼女たちが満開になっていく様子を表現したという。中でも「FIESTA」は満開という言葉が最も似合う華やかな楽曲であり、リードトラックにしたのも当然だろう。

專輯名稱的"BLOOM*IZ",在宣傳用的資料上顯示是根據"開花吧"的意思取用"BLOOM"和"IZ*ONE"的合成字,將美麗到高點的她們綻放的樣子表現出來。其中「FIESTA」是一首與綻放的文字最相符合那樣華麗的樂曲,作為主打歌這也是當然的了。

IZ*ONE (아이즈원) – ‘FIESTA’ MV

 ヒット曲「La Vie en Rose」と「Violeta」での優雅で上品なイメージを残しつつも、切なさと疾走感を加えた「FIESTA」は、“これが私たちのカラーなのだ”という確固たる自信が感じられて頼もしい限りだ。リリース前に一部を聴いたときはグループとしての一体感をアピールしていると思ったものの、フルサイズで聴いてみると各メンバーのカラーもしっかり出ていることに気付く。

 雖然熱門曲「La Vie en Rose」和「Violeta」當中優雅美麗的印象還殘留著,但「FIESTA」加入了一些悲傷與快速的元素,有著更加穩固的自信告訴著大家"這個也是我們的風格哦"。發行前在聽預告的時候有一種團體內的一體感更上一層的感覺,聽完整曲後,各成員的風格更能清楚的注意到。

 特に今回はキム・チェウォンと本田仁美のアーティストとしての成長ぶりが目立つ。チェウォンが“時が来た 長く待った時間は終わり”と短いフレーズを歌っただけで、リスナーは幻想的な世界に誘い込まれる。もともと歌唱力が高かったが、よりキュートかつ表情豊かになったように思う。

 特別是這一次的金采源和本田仁美的成長是引人注目的。采源的僅是唱了"時機來到 漫長的等待終於結束",聽眾就已被邀請進入這幻想的世界中。歌唱能力更加成長之外,表情也變得豐富起來更可愛了的感覺。

 本田は可愛らしさよりも妖艶さが印象に残るパフォーマンスを披露。目力(めぢから)も以前よりもだいぶ強くなっている。デビュー後に(良い意味で)いちばん変わったのは彼女ではないだろうか。組織票のないクリーンなファン投票で知られるサイト「ベストアイドル」でトップになるなどIZ*ONEのメンバーの中でも1、2を争う人気者だが、「FIESTA」の活動でさらにファンを増やしそうだ。

 本田比起以前給人可愛的印象,這次的表現更加艷麗動人。眼神比起之前銳利了許多,出道後變化最大的大概就是她了吧。在透明公開的投票網站「BESTIDOL」內也是個人氣很高能與IZ*ONE的成員互相爭取第一及第二的成員,「FIESTA」活動開始後,會再增加更多粉絲的吧。

デビューヒット「La Vie en Rose」はムーンバートンというジャンルに入る曲で、ここで試みた音作りは以降もグループにとって欠かせないものとなっている。それは『BLOOM*IZ』でもムーンバートンをベースにした作品がいくつかあることからもわかるだろう。

出道人氣曲「La Vie en Rose」裡面加入了稱之為蒙巴頓(Moombahton)流派的曲子,這裡就開始嘗試這樣的製作對於團體是不可缺少的。這也是『BLOOM*IZ』是一個在於蒙巴頓流派內能表現很不錯的作品的原因吧。

IZ*ONE (아이즈원) – 라비앙로즈 (La Vie en Rose) MV

 だからと言って安易に同じ手法を繰り返したわけではない。ダンスホールレゲエのテイストを加えた「DREAMLIKE」、初の単独公演『EYES ON ME』では6人のメンバーで歌った「AYAYAYA」をアルバムでは9人のバージョンで収めるなど、どちらも基本はムーンバートンだが聴き手を飽きさせない工夫をしている。

 所以這並不是很容易就可以用相同手法操作的事情。加入了舞場雷鬼(Dancehall)風格的「DREAMLIKE」,初次的團體單獨演唱會『EYES ON ME』由成員6人所唱「AYAYAYA」在專輯內收錄的則是9人版本,不管是哪一個基本上都擁有著蒙巴頓的獨創性在裡面讓人目不瑕給。

 メンバーが楽曲制作に関わったナンバーも注目に値するものばかりだ。「SPACESHIP」はクォン・ウンビが作詞・作曲に参加。“ひとつの夢を描いた時間は光になるの”と明るく歌うキラキラしたダンスポップでライブでも盛り上がること間違いなしだろう。キム・ミンジュが作詞に加わった「YOU & I」はアコースティックギターによるしっとりとしたバラード。初の単独公演で感じたことを歌詞に込めたそうだ。そしてチョ・ユリが曲作りに参加したバラード「いつか私たちの夜も過ぎていくでしょう(Our Night Will Pass Someday)」のロマンチックな音像はグループの新たな一面を見せてくれる。

 成員所創作的歌曲相關的部分也是很引人注目。權恩妃參與了「SPACESHIP」作詞作曲的部分。"描述一個關於時間與光明夢想的故事"明亮的曲風還有閃閃發亮的流行舞蹈(Dance pop)這一定也會在演唱會上讓氣氛更加嗨的。金玟周則是在「YOU & I」參與了作詞的部分,以木吉他創作的感性民謠(ballade)。初次團體單獨公演的感想也透過歌詞展現出來。然後曺柔理則是參與了感性民謠(ballade)的作曲,在「Our Night Will Pass Someday」中有著浪漫的聲音畫面讓大家看到團體不同的風貌。

 ラストの「OPEN YOUR EYES」も要チェックである。複数のソングライターが曲を書いているが、そのうちの一人、Black Editionはヒップホップ系の男性アーティスト・MCモンの変名だ。クールとコミカルを足して2で割ったようなサウンドメイクは彼ならでは。クセのあるこの曲でアルバムを締めくくることにより、音楽的にもしっかり成長している姿を示したかったとみるのは深読みしすぎだろうか。

 最後的「OPEN YOUR EYES」也是需要講一下。由很多的作詞作曲家(songwriter)參與所寫出的一首曲子,在這之中有其中一人是Black Edition為嘻哈(HIPHOP)系的男歌手-MC夢(申東泫)的化名。能夠在於冷酷與搞笑之中分成兩個部分不同的聲音去裝扮。沒有放棄這樣子的風格將這首曲子收錄在專輯裡。音樂性所成長的姿態也是需要再更深切的體會。

「『BLOOM*IZ』という作品には12曲が収められているんですけども、その12曲がファンのみなさんに届くっていうのが言葉にできないぐらい嬉しくて……」

「與其說『BLOOM*IZ』是收錄了12首曲子的作品,不如說很開心這12首曲子擁有我們想傳達給粉絲們的話語……」

 先日放送されたラジオ番組『今夜、咲良の木の下で』(bayfm)でこのように語っていたのはメンバーの宮脇咲良だ。カムバックステージのパフォーマンスでもその喜びは十分に伝わってきた。アルバムのクオリティの高さを、活動休止を経て強くなったメンバーの結束力でさらに引き上げたというべきか、当初の予定通りに昨年11月に発売したとしても、今ほどの評価と売り上げにはならなかったかもしれない。

 前幾天的廣播節目『今夜、咲良樹下』(bayfm)裡,成員宮脇咲良說了類似像這樣的話。關於回歸舞台的表現,將這份喜悅很充分的傳達了出來。專輯的品質很高,經過了中止活動後,成員們之間有更加強烈的凝聚力。當初預定是於去年11月發行,但若是原定的發行或許不會有如今的聲譽與銷量也說不定。

 災い転じて福となす。そんなことわざを地で行くような展開であった。『BLOOM*IZ』は前代未聞の騒動に巻き込まれたグループを“福”へ導いた作品として、WIZ*ONEのみならず、多くのリスナーに長く愛されることだろう。

 否極泰來。以這樣子的方式繼續展開活動。『BLOOM*IZ』將以幸福為導向的作品席捲而來,引發前所未有的騷動。不僅是WIZ*OME的大家,也會受到許多其他聽眾的喜愛。

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com 標誌

您的留言將使用 WordPress.com 帳號。 登出 /  變更 )

Google photo

您的留言將使用 Google 帳號。 登出 /  變更 )

Twitter picture

您的留言將使用 Twitter 帳號。 登出 /  變更 )

Facebook照片

您的留言將使用 Facebook 帳號。 登出 /  變更 )

連結到 %s